2016レースラフティングR4(4人制)世界選手権UAE大会が開催されました。


レースラフティングR4(4人制)世界選手権UAE大会が開催されました。
※レースラフティング世界選手権はR4(4人制)とR6(6人制)の世界大会が隔年で開催されています。
2016年はドバイの人口コースで、4つのクラス(U-19、U-23、オープン、マスターズ)が4日間の日程で4つの種目を競います。
25カ国から85チームがエントリーしています。
内訳は、U-19は13チーム(男子8・女子5)、U-23は17チーム(男子11・女子6)、マスターズは18チーム(男子11・女子7)、オープンは37チーム(男子20・女子17)

日本からはマスターズ男子・女子、オープン女子、U-23男子・女子が出場しています。
代表チームはサッカーや野球のように優秀選手を選抜してチームを結成するのではなく、カーリングのようにレースラフティング協会が主催する日本選手権に優勝したチームが世界大会に進むことができます。

レースラフティングは4つの種目で競われ、種目ごとに順位が決まり、メダルが授与されます。
順位によってポイントが付加され、4種目の総合順位を決めます。
1. スプリント(Sprint)…タイムを競う短距離
2. ヘッドトゥーヘッド(Head to HeadまたはH2H)…2艇同時にスタートするトーナメント戦、短距離
3. スラローム(Slalom)…設置されたゲートを順番通りに通過するタイムを競う短距離
4. ダウンリバー(Down Rever)…タイムを競う長距離

各クラス・チームの戦績です。

マスターズ男子<R4 Masters>
スプリント 3位
H2H 3位
スラローム 6位
ダウンリバー 4位
総合5位

マスターズ女子<SAKURA>
スプリント 1位
H2H 3位
スラローム 2位
ダウンリバー 4位
総合3位

オープン女子<THE RIVER FACE>
スプリント 3位
H2H 3位
スラローム 1位
ダウンリバー 4位
総合3位

U-23男子<IBIS from NGT40 (新潟大学探検部)>
スプリント 9位
H2H 9位
スラローム 4位
ダウンリバー 7位
総合7位

U-23女子 <プラナリー(新潟大学探検部)>
スプリント 2位
H2H 4位
スラローム 4位
ダウンリバー 2位
総合2位

次回の世界大会(6人制)は、徳島県三好市で開催されます。
http://wrc-2017japan.com/
日本レースラフティング協会
http://www.racerafting.org/index.html

入賞した選手の方々、おめでとうございます。来年の日本での世界大会での活躍を心より期待しております。

表彰式の様子はこちら。