第一回日本代表倶楽部賞結果発表


第一回日本代表倶楽部賞結果発表

以前から募集していた「第一回日本代表倶楽部賞」の結果を発表します。

本賞は、各競技の知名度やアウトリーチ能力の向上に向け設置しました。

良い記事が非常に多くすぐには決められないものが多数ありましたが、最終的に以下の3つに決定いたしました。

競技実績部門

この部門は、競技の実績をわかりやすくスポーツに馴染みのない方にもわかりやすく結果を伝える重要性を考えたものです。

対象はこちらの記事です。

アジアドラフツ選手権で初タイトル

拡散力部門

この部門は昨今主な情報源となっているSNSからの流入数の最上位のものを決定しました。

対象はこちらの記事です。

日本人女子ラクロス山田幸代選手オーストラリア代表選出

記事の質部門

この部門は純粋に、記事の興味や表現方法に基づいています。

対象はこちらの記事です。

インラインアルペンの世界の凄い選手たち

 

おめでとうございます!

総括

何をもって「いい記事」とするかは条件によって全く変わってくるので非常に難しいところです。今回の場合には、一貫して「対象のスポーツのことを知らない、興味がない人に対して、分かりやすく伝えていくアウトリーチの要素が重要である」としているスタンスにより決定いたしました。

取材が入らない場合には、じゅさいをされた際にどのようなものがテレビに映っているか、視聴者はどのようなことが気になるかを考えながら書くと要求に沿ったものができます。

上記の例では、大会のメダルや、選手票などもそれにあたるでしょう。またランキング形式で写真や動画もつけることが、分かりやすい記事になりやすくなります。

今後メディアがますます多様化し、入り口が多岐にわたっていく中では、自分たちのフィールドに新たな仲間を迎え入れるための技能はますます重要になっていくことと思います。このような力をうまくつけることにより、自分たちの取り組んでいるものをよく表現し、効率的な発展ができる一助となることを心仮載っております。