街中をスキーのように滑走!インラインアルペン競技とは?


雪山を滑走する冬季スポーツでも花形の競技、アルペンスキーはご存知でしょうか?

日本では、ジャンプやモーグルの方がテレビなどでは良く見ますが、アルペンスキーは海外では雪上のF1または白いサーカスと呼ばれ、大変人気で盛り上がるスポーツです。

 

インラインアルペンはその路上版になります。インラインスケートを履いて路上を滑走し、時速40kmを超える速度でターンをしながら坂道を滑走します。

インラインスキー、スキーオフトレインライン、inline alpine、roller alpineとも呼ばれます。

 

発祥はスキーの夏場のオフシーズンのトレーニングで、今もアルペンスキーのワールドカップ選手等も行っています。

スキーのようなターン動作で滑走しますが、更に、スケートの特性を活かしスケーティングをしたりダッシュしたりクロスを入れたり、より激しい動きをすることができます。

今では1つの競技として、国際大会なども行われています。

 

ヨーロッパでは、その大会レースが街中で行われ、街をあげてお祭り騒ぎで大変盛り上がります。

■インラインアルペン世界選手権の様子

 

 

日本ではあまり知られておりませんが、関東圏でも行う事ができ、我々は河川敷の坂道で練習しております。更に、毎年海外のレースにも参戦しております。

2018年にはその街中の大会レース、世界選手権大会を日本に誘致する計画も進行中です。

見てもやっても非常に面白い競技です。

興味を持たれた方は、是非日本インラインアルペン委員会にお問い合わせください。

日本代表選手候補を年齢性別問わず、広く募集しております。

また、体験してみたい、という方でもお待ちしております。

mail : info.iajc@gmail.com

facebook : https://www.facebook.com/iajcinlinealpine

HP : http://www.inlinealpinejapan.com/

 


凄い競技ですね。雪上のアルペンよりも近くで見ることができて迫力がありそうです。